この1記事で分かる!Webマーケティングの基礎知識

Pocket

 

Webマーケティングに取り組みたいと思っている。

でもなんか難しそうだし、取っ付きにくくてなかなか取り組めていないという方は多いのではないでしょうか。

 

 

『ちゃんとやった方が良さそう、でも難しそうで・・・』という方のために、基礎の基礎から理解してもらうための内容を書きます。

Webマーケティングの入り口として活用してもらえる記事になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそもマーケティングって何?

Webマーケティングというのが何かという話に入る前に、そもそもマーケティングって何かという話からです。

 

マーケティングという言葉を聞くと、『市場調査』とか『販促活動』などをイメージするかもしれませんね。

確かにこれらもマーケティングの1つの要素ではありますが、実はそれだけではありません。

 

お客さんの方からあなたの商品を売って欲しいとアプローチをかけてくるような状況を作るために、やるべきことを総称してマーケティングと呼びます。

 

世界的に有名なマーケティングの権威であるドラッカー氏はこう言ってます。

マーケティングの理想はセールスを不要にすることである

 

ゴリゴリ売り込みをかけなくても、お客さんの方が自発的に『これが欲しいんです!』と言って買ってくれることを目指していくために行う様々な施策の事です。

 

Web + マーケティング = Webマーケティング

先ほど書いたような『マーケティング』をWebをフル活用してやろうというのがWebマーケティングです。

 

だからちゃんとマーケティングの基礎知識が無いとダメで、『Facebookをとりあえず使ったらオッケーやろ』というようなことでは上手くいきません。

 

もちろんFacebookが最適なケースもありますし、Facebookを使ってもほぼ意味がないケースもあります。

本当にケースバイケースで、やりたいことや、どんな人をメイン顧客と想定しているのかにもよりますので一概に言えるものではありません。

 

でも、そう言ってても参考にならないと思うので、オーソドックスな形をご紹介します。

 

それは、WordPressで作ったブログを中心に据えて、その入り口にソーシャルメディア、出口にメルマガを置いた流れです。

一旦アクセスをブログに集約してきて、そこから無料プレゼントをあげる代わりにメルマガに登録してもらいます。

そして、さらにメルマガで価値ある情報を提供し続けるという形です。

 


いきなりこの形を作ろうと思っても、そうはなかなかいかないので、まずはWordPressのブログから取り組むのがオススメです。

 

Webとリアルの違い

インターネットが世の中に普及するまでは、当然Webマーケティングというものなんて無かったわけで、リアルなマーケティングしかありませんでした。

 

家のポストに入ってるチラシとか、ダイレクトメールなんかはリアルマーケティングの代表ですし、テレビやラジオ、新聞などマスメディアを使ったマーケティングは、性質を考えるとちょっと中間ぐらいに位置しますが、従来型のマーケティングです。

 

それに対してWebを活用したマーケティングがあるわけですが、どっちが良い悪いではなく、両方を上手く組み合わせて自分のビジネスにとって一番成果の出る形を作っていくことが重要です。

 

Webマーケティングと従来型のマーケティングを比較した時のメリット・デメリットを簡単に説明しておきたいと思います。

 

メリット①:コストを抑えることが出来る

従来型のマーケティングの場合、テレビCMや新聞への広告などマスメディアを使っての広告を出したり、チラシを作ってポスティングしたり、何らかの費用が必ず必要でした。

それがインターネットが登場したことで、無料で多数の人に対して、自分のビジネスの告知を行うことが出来るようになりました。

 

特に個人ビジネスの場合は、大きな費用もかけられないので、Webを上手く活用していくということは、必要不可欠です。

ちなみに日経新聞の1ページを広告枠として購入した場合の費用ってどれぐらいか知ってます?

 

だいぶ前に聞いたので、今はどうなっているのかわからないですが、1日掲載するのに1千万円以上します。

これは個人ビジネスでは無理ですよね。

だから、Webマーケティングに力を入れる必要があるということですね。

 

メリット②:見込み客の反応を計測しやすい

インターネットを活用した場合、色々なデータが取りやすく、見込み客の反応を見ながら改善をするということがやりやすくなります。

何時頃に、どれだけの人が、どんな端末を使ってアクセスしたかとか、どのページを見たかとか、何分ぐらいで画面を閉じたかというような情報が容易に確認できます。

 

何をするにもPDCAサイクルを回すことは重要なのですが、結果を計測出来ないとなかなか改善策を検討しづらい部分があります。

その点、Webマーケティングの場合はたくさんのデータを計測できるので、改善策を打ちやすいというのもメリットです。

 

ただし、データ分析に時間を取られすぎてしまうとそれは本末転倒なので、注意しましょう。

 

メリット③:商圏が無くなる

インターネットを使う最大のメリットと言っても良いのが、この商圏がなくなるという点です。

インターネットを使えば世界中のどこにいる人とでもやり取りができ、当然モノの売り買いも可能です。

 

日本に居ながら、地球の反対側のブラジルの人に自分の商品やサービスを販売することも可能になっています。

 

実際には、北朝鮮のように実質的につながっていないところや、言葉の壁という障壁はありますが、それを除けば商圏という概念が無くなるケースもけっこうあります。

 

デメリット①:信頼を得るまでに時間がかかる

メリットがあればデメリットも当然あります。

まず1番大きなデメリットとしては、直接顔が見えない分、お互いに信頼するまでにはある程度の時間がかかります。

 

顔写真を掲載したり、動画を公開したり、Skypeなどの音声通話をしたりと、信頼関係が出来るまでの時間を短縮するための工夫はできますが、やはり直接会って話すことには敵いません。

 

ですので、Webマーケティングは取り組み始めてからすぐに結果が出るものではなく、ある程度の期間をかけて、少しずつ前に進めていくということが必要となります。

 

Webだリアルだと言っても結局最後は人

Webの世界に浸かり過ぎると、そこにあるのが無機質な文字の羅列にしか見えなくなってくることがあります。

でも、それでは全然ダメで、Webの画面の向こうにいる人間をちゃんと意識しないといけません。

 

Twitterとか2ちゃんねるとかで、炎上するのは、直接顔が見えないこと、つまりインターネットを通した先にいる人間を感じてないから、リアルでは絶対しないような攻撃をしてしまうわけじゃないですか。

 

Webというのは、そういうツールじゃないんですよ。

人間と人間がちゃんとした付き合いをしていくことをサポートするツールです。

 

だから、Webというのは打出の小槌でも無ければ、こすれば願いを叶えてくれる魔法のランプでもありません。

ただ単に目の前に相手がいなくても想いを伝えることが出来るというツールです。

それ以上でも無ければそれ以下でも無い。

 

そこを勘違いすると、『いいね!』の数だけ多いコレクターになってしまうんですよね。

欲しいのは『いいね!』じゃないですよね?

 

あなたの出す情報に信頼を置いてもらい、最終的には納得した形で商品・サービスを買ってもらうことです。

大切なお金を出して購入してもらう訳ですから、やり取りはWebを介して行うかもしれないですが、最後は人間同士の繋がりなんですよね。

 

まとめ

今回はWebマーケティングとは何かという点について簡単にご説明しました。

具体的な取り組みに関しては別の記事で書いていきますが、まずは基本的な部分について押さえておいていただければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!