Webマーケティングは全体を俯瞰して設計し、チームプレーで勝ちに行く
Pocket

ビジネスをしていくにあたって、ホームページやブログ等の何かしらWeb上で情報を発信する媒体を持っておくことは、もはや必要不可欠なことです。

 

 

ただそうはいっても個人事業主や中小企業の場合、『とりあえずWebサイトを作ったけど上手く機能していない』というケースがけっこうあります。

確かに大企業のように潤沢に人やお金などのリソースを費やせないため、仕方ない部分もあるのですが、ちょっともったいないなぁと思うこともあります。

 

 

昔とは違い、ブログやホームページをただ単に更新するだけで多くの人が読みに来てくれて、その人たちが商品・サービスを購入して行ってくれるような時代では無くなっています。

そのため、色々な情報発信ツールの特徴をしっかりと理解し、それらを上手く組み合わせて活用することが大切です。

 

 

今回はホームページというものの特徴と、それらを上手く活用する方法についてお話したいと思います。

 

 

ソーシャルメディアの特徴

今の時代にWebマーケティングに関しての話をする時に外せないものの一つはソーシャルメディアです。

 

 

ご存知のFacebookやTwitterが代表的なサービスで、最近はこれらにInstagramやSnapchatなど新興のSNSが登場したりと、今やこれらを一切使っていない人を探す方が難しいぐらいです。

 

 

ソーシャルメディアは個人の趣味での利用だけに留まらず、いまや企業もマーケティングツールとしてガンガン利用しています。

ソーシャルメディアをフル活用してビジネスを回している方もたくさんいます。

 

 

このソーシャルメディアの特徴はコミュニケーションにあり、Webサイトは基本的に一方通行の情報発信なのに対して、ソーシャルメディアは双方向の繋がりによって成り立ちます。

 

 

ソーシャルメディアを使うというのは、ある意味コミュニティーに属していることになり、その仲間に対して情報発信し、さらに仲間の仲間に広がっていく性質があります。

 

 

メルマガの特徴

Webマーケティングのツールとして次に思い浮かぶのがメルマガです。

 

 

美容院や飲食店などでもメルマガを発行しているところがあるので、一度はあなたのメールボックスにも届いたことありますよね?

 

 

メルマガの性質として、情報を一方通行でこちらから相手に届けるという意味ではWebサイトと同じです。

ですが、メルマガとホームページやブログなどのWebサイトでは、そのスタンスが全く逆になります。

 

 

ホームページやブログは読みに来てもらうのを待つ形になりますが、メルマガの場合は、こちらから相手のメールボックスに飛び込ませるようなイメージです。

つまり、メルマガはある程度こちらのタイミングで送り届けることができ、基本的にこちら主導で発信しやすいメディアだということです。

 

 

Webサイトは来てもらうのを待たないといけない

一方、ホームページやブログなどのWebサイトとソーシャルメディアやメルマガと違う点は、ひたすら待たないといけないというところです。

Webサイトというのは基本的にはユーザーが何かを知りたくて訪問してくるので、そのニーズが発生するまで待っている必要があります。

 

 

逆に言うとニーズが生まれなければ誰も訪れてくれることが無いということです。

 

 

とても労力と時間をかけて渾身の記事を書き続けたとしても、ユーザーの中でニーズとしての認識がなければわざわざ探してまで見に来てくれることは無いということです。

それが仮に潜在的には価値があることだったとしても、ユーザーの中で顕在化していなければ探し方も分からないため、たどり着きようが無いため、見つけてもらえないということです。

 

 

Webサイトに来てもらうまでの導線を作る

ですので、Webサイトを作ったまま放っておいても、効果が上がることは期待しにくくなっています。

 

 

昔はインターネット上に存在しているWebサイトの絶対数が少なかったので、Webサイトを作りさえすれば、見に来てもらうことができました。

ですが、今は爆発的にWebサイトの数が増えているので、もうWebサイトを作ったというだけでは、誰も見に来てくれることはなくなりました。

 

 

ではどうすれば良いのかというとWebサイトに訪れる導線を作ることです。

 

 

つまり、Webサイトに訪れてくれるに足るニーズを生み出し、そのニーズを満たすコンテンツをWebサイト上に用意して、他の媒体等を利用してWebサイトにユーザーを連れてくることです。

 

 

単体では弱いかもしれません他の媒体を組み合わせて強い媒体を作り上げていくというようなイメージです。

 

 

そうやっている内にWebサイト内に記事が積み重なっていけば、少しずつ検索からのアクセスも増え、放っておいても訪問者が出てきてくれるようになっていきます。

 

 

そこまでになるには時間がかかるので、それまではホームページやブログへの道筋をしっかり用意して、そこから来てもらうという意識が必要です。

 

 

最後に

Webマーケティングというのは単体のメディアで勝ちに行くものではなく、チームプレーで勝ちに行くものです。

 

 

WebサイトにはWebサイトの役割があり、ソーシャルメディアやメルマガなどにもそれぞれ違った役割があります。

大切なのは、それらをしっかり連携させ、全体として設計していくことです。

 

 

どれか一つだけやっても効果は出しづらいです。

ですが、それら一つ一つをしっかりと有機的に繋げて、全体として価値を提供していくことができれば、きっとあなたのWebマーケティングも効果を発揮します。

 

 

ぜひ、それぞれの役割をしっかり意識して使って行ってください。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

スモールビジネスには立派なホームページは必要無い。要るのはブログとSNS

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

関連キーワード
  • 知識ゼロの初心者でも大丈夫!ブログで集客出来るようになるまでの全手順
  • ブログを書く時に心掛けるべき上手く書くより大切な事
  • 個人ビジネスで絶対に知っておくべき2つのビジネスモデル
  • インターネットの世界にも存在している3秒ルール
  • 検索からのアクセスを劇的に増やすためのSEOキーワード戦略
  • オウンドメディアが上手く機能しない!?オウンドメディア失敗の主な原因と対策
おすすめの記事
『早起きは三文の徳』の由来
ブログ
今日は全然役に立たない話を書くので、興味ない方は今すぐに画面を閉じてください(笑) さっきFacebookを眺めていたら、知り合いでWe...