Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

あなたはホームページを見るときにどのような順番で画面を見ていますか?

 

 

こう聞かれても『特に意識して見てはいない』という方が大半だと思います。

ですが、人がチラシやホームページを見る時には無意識のうちに、ある程度決まったパターンで目を動かして見ています。

 

 

この視線の動きを理解しておくことで、見てもらいたい情報をより見てもらいやすくすることが可能となります。

 

 

 

もちろん全ての種類のコンテンツに当てはまるわけではありませんし、また見る人によって異なりますので絶対的なものではありません。

また、最近だとスマホユーザーも増え、インターネットは基本的にスマホで見るという人も増えてきているので、異なる観点も必要となってきています。

 

 

ただ、人間の性質として無意識にしていることなので、一つの参考情報として理解しておくと便利です。

 

★この記事を読むと得られること★
・人の視線の動き方を知ることが出来る!
・紙媒体のチラシ等を作る時にどのような視線の動きを意識すれば良いのかが分かる!
・ホームページを作る時にどのような視線の動きを意識すれば良いのかが分かる!

 

 

 

ホームページ訪問者は全文を読んでいない

あなたがインターネットを活用して色々なブログやホームページを見ている時の事を思い出してもらうと良いと思いますが、一言一句漏らさずに全てを読むことはあまり無いと思います。

 

 

特に検索でヒットした情報の場合はそこに役に立つ情報が書かれているかどうかをまずは判断するためにざっと斜め読みをしてホームページを閲覧しているはずです。

そして、パッと目に飛び込んでくる情報を拾い読みして、求めている情報がありそうなら、じっくり読みますし、そうでなけば他のブログやホームページに移っていきます。

 

 

これを前提として理解した上で自分のホームページのページの構成を考える必要がありますが、拾い読みをしている時にも無意識のうちに一定のパターンで目を動かして読んでいます。

この視線の動きを理解して、さらに視線の動きに合わせて見てもらいたい情報を配置することで、しっかりと読んでもらえるのかどうかに影響を及ぼします。

 

 

具体的には2パターンの動きがあり、Z型とF型の動きをするのが一般的です。

 

 

紙媒体などで有名なZの法則

Zの法則というのは、読んで字のごとく『人の視線はZの字を描くように動く』という法則です。

 

 

この法則は紙媒体のチラシを見る時やスーパーマーケットの商品棚を眺める時などに、この動きをすると言われていて、実際に多くのチラシなどを見てみると、これに合わせた形で重要な情報が配置されているのが分かります。

 

 

 

家のポストなどに様々な会社のチラシが入っていると思いますが、そのような紙媒体の広告でよくいわれているのが、Zを描くように閲覧者の視線が動くというものです。

Webの媒体でも同じようになると言われていて、画面の上側のヘッダー部分を左から右に見て、その後左下に向かって視線を動かし、フッター部分を左から右に見るというものです。

 

 

Web時代のFの法則

Webが一般に普及するまでは『Zの法則』だけが意識されていましたが、Webの場合は少し異なる目の動きをするケースが多く、それに合わせて『Fの法則』というのが生まれました。

 

 

これもZの法則と同じく、F字型に視線を動かしてWeb上の情報を得るという形です。

 

 

Amazonなどの有名なサイトを見てみると、FやZを意識してコンテンツが配置されているのが分かると思います。

 

 

最も見られる場所は左上

Zの法則、Fの法則のいずれにも共通するのが、左上は一番良く見られるということです。

企業のサイトだったら基本的にロゴは左上に配置されていますし、紙のチラシであっても左上には重要な情報が掲載されていることが多いです。

 

 

Webの場合であれば、画像や写真などが多く使われていて、テキスト情報が少なめの場合はZの法則に従って視線が動きやすいと言われており、ブログなどテキスト情報が多い場合にはFの法則で視線が動くと言われています。

 

 

まとめ

ほとんどの人にとって画面を見るときの視線を向ける順番は無意識に行っていると思います。

「左上見てから右に視線をずらし・・・」、なんて考えながら見ていないですよね。

 

 

この無意識に行っている視線をうまく自分の意図した方に向けてもらうためにZの法則やFの法則を用いるわけです。

あなたが運営しているサイトがコンテンツ提供のためのサイトなのか商品販売のためのECサイトなのかによって目的は変わります。

 

 

その目的を達成するために今回の要素を意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事