コンテンツマーケティングとは何か?猿でも分かるように説明してみる

Pocket

『コンテンツマーケティング』という言葉をよく聞くが、イマイチ何のことを言っているのか分かっていない。

これからはコンテンツマーケティングの時代だ、と耳にしたが具体的に何をしたら良いのか分からない。

 

 

そう思っている方は多いのではないでしょうか?

 

 

コンテンツマーケティングはここ数年で一気に注目度を高めているマーケティング施策で、インターネットでの集客において、いま最も重要視されているのがコンテンツマーケティングです。

元々はアメリカで生まれたマーケティングの考え方なのですが、ここ数年は日本においてもコンテンツマーケティング熱が上がってきています。

 

 

コンテンツマーケティングについて書いているブログもたくさんありますし、コンテンツマーケティングをテーマにしている書籍もたくさん出版されています。

ですが、多くの人は言葉は聞いたことがあるけど、いまいち何なのかを理解しきれていないという状況です。

 

 

  • ブログ記事を書くこと
  • SEO対策の新しい手法
  • キュレーションメディア
  • バズるコンテンツを作ること etc.

 

 

人によっていろいろなことをイメージしているというのが大方の状況です。

ですので、今回はコンテンツマーケティングとは何なのかについて、ご説明していきたいと思います。

 

 

コンテンツマーケティングというのは、大企業のためのマーケティング手法だと思っている方も多いのですが、実際には、そうではなくスモールビジネスにおいてこそ有効な手法なので、ぜひこの機会に内容を押さえておいてください。

 

 

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、『見込み客として定義した読者にとって価値のあるコンテンツを一貫性を持って作成して、それを接点として関係性を構築して、最終的には利益に結びつく行動をとってもらう』というマーケティング戦略です。

 

 

オウンドメディア(自分で管理運営する媒体)を用意して、そこをプラットフォームとして情報発信するケースが主で、オウンドメディア自体はWordPressというツールを利用して作ることが主流です。

 

 

また、ブログという形をとっているケースが多いのですが、ブログだけを指す概念ではなく、音声や動画などメディア形態は何でも良く、見込み客に一貫した価値ある情報を届けやすい形態で行えばオッケーです。

 

 

コンテンツマーケティングにおいて、重要なポイントが2つあります。

 

 

1つは、見込み客に向けて情報を発信するという点です。

 

 

情報発信するからには、出来る限り多くの人に届けたいという気持ちが誰にでもあります。

そのため、誰にでも当てはまる情報発信をしてしまいがちになります。

 

 

ですが、そこをグッとこらえてターゲットを絞って発信することがとても大切です。

なぜなら、ターゲットを絞って発信しないと、誰にも刺さらない当たり障りのないメッセージになってしまうからです。

 

 

 

コンテンツマーケティングにおいては、ターゲットとする見込み客をしっかりと明確化し、その人たちに向けてコンテンツを作成していくということが重要です。

 


勘違いしてはいけないのは、メッセージ自体はターゲットを絞って狭く打ち出しますが、発信自体は多くの人に届くように広く行うという点です。

 

 

ちなみに、多すぎるのもよくないですが設定する見込み客は1人じゃなくても良くて、数パターンの見込み客像を設定しても問題ありません。

 

その見込み客ごとに記事を作っていくというイメージでオッケーです。

 

 

もう1つのポイントが、一貫性を持ってコンテンツを作成するという点です。

 

テーマを1つに絞るという意味ではなく、色々な内容をコンテンツとして発信しても良いのですが、発信内容に軸を持って一貫したものを出していくことが重要です。

 

あるコンテンツではAという主張をしていて、別のコンテンツでは正反対のBという主張をしているとしたら、発信内容がブレていて結局どっちが本当の主張なのかが分かりませんよね。

 

コンテンツマーケティングだからというわけではありませんが、しっかりとした軸を持って情報発信をしていくことがとても重要です。

 

 

コンテンツを見込み客との出会いの場とする

広告や宣伝というのは基本的に見込み客の時間に割り込んでメッセージを伝達するという形になっています。

 

テレビCMも観ている番組の合間に差し込む形で表示されますし、雑誌広告もページとページの間に広告が入っています。

ポスティングも自分の家のポストに知り合いからのハガキなどの間に入ってくる形です。

 

昔は人々が受け取る情報の総量が少なかったので、このような方法が有効だったのですが、今はインターネットやスマホの登場によって、情報の受け取り方が断続的になっています。

 

つまり、テレビを観ながら友達とLINEをしたりSNSに投稿したりというように、複数の情報ソースに常に触れているような状態で、みんな自分に直接必要な情報を受け取るだけでとても忙しい状況になっています。

 

 

そんな状況なので、自分が求めているかどうかに関わらず入り込んでくる広告というのは邪魔でしか無いというのが多くの人が感じているところです。

 

 

じゃあみんな情報はもう求めていないのかというと、そうではなく自分の求めている情報に関しては積極的に取りに行っています。

 

 

その証拠に、あるところが調査した結果として世界中で最もアクセスが多いWebサイトというのが、『google.com』だったそうです。

つまり、広告として入ってくる情報は必要としていないけれど、自分が必要としている情報は自ら取りに行っているということです。

 

なので、見込み客が必要性を感じて情報を取りに行った時に自分の情報がヒットするようにコンテンツを用意しておくことで、見込み客との接点が生まれます。

 

昔とは逆のベクトルでのアプローチに変わっているということです。

 

コンテンツ作成時のポイント

コンテンツマーケティングにおいて最も重要なことは、言うまでもなくコンテンツを作成することです。

これをしないことにはコンテンツマーケティングとして成立しません。

 

じゃあどうやってコンテンツを作成していったら良いのかというのが気になるところだと思いますが、コンテンツを作る時に意識すると良いポイントがあります。

 

それは次の3点をまず考える事です。

 

『誰に』、『何を』、『どうやって』情報を伝えるのかという事です。

 

 

誰に情報を伝えるのか

これはコンテンツマーケティングにおいて最も重要な事で、まずこれを明確にする事です。

さっきもお話しした見込み客を決めるという事ですね。

 

ペルソナを作成する事で、見込み客を定義して『誰に』とって価値のある情報を発信するのかを決めていきます。

 

何の情報を伝えるのか

ペルソナを作成したら、今度はその人に向けて何を伝えるのかを考えていきます。

『誰に』が決まったからこそ、『何を』が決められるようになるわけです。

 

よくある間違いは、まずこの「何を』の部分を決めてしまうことです。

ペルソナとして明確化した人の事を強く想像して、その人にどんな情報を提供すれば価値を感じてもらえるのかを考えて、コンテンツを作成していきましょう。

 

どうやって情報を伝えるのか

誰に、何を伝えるのかが決まれば、今度はどうやって伝えるのかを決める必要があります。

 

How Toとしてノウハウを伝えるのか、インフォグラフィックのように画像メインで伝えるのか、はたまた動画を活用して伝えるのかを決めることです。

 

どんな形が良いのかは誰に伝えるのかや、伝える内容によっても異なるので、正解はありませんが、多くの場合は文章による方法がメインになるでしょう。

 

まとめ

今回はコンテンツマーケティングについてイメージしてもらう事を主な目的として書きました。

 

コンテンツをきっかけにしてお客さんとして来てもらうための導線の作り方や、効果的なコンテンツの作り方、作ったコンテンツの拡散の仕方などについて書いていきます。

 

コンテンツマーケティングは誰にでも取り組む事ができ、コツコツやればやるほど効果が見込める手法です。

また、企業だけでなく個人でも取り組めるものです。

むしろ個人だからこそ取り組むべきものがコンテンツマーケティングなので、ぜひこのブログをしっかり読んでいただいて実際に取り組んでいってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!