初心者必見!WordPressについて最初に知っておきたい7つの特徴

Pocket

ビジネス目的で情報発信をしたいという場合の主な選択肢としてブログを活用するという方法があります。 ブログと一言で言ってもやり方はいくつかあり、その中で私がオススメしているのはWordPressというツールを利用してブログを作る方法です。 ちょっと教科書的な説明を最初にしておくと、WordPressというのはオープンソースのブログソフトウェアで、PHPというプログラミング言語とMySQLというデータベースで構築されたシステムです。無料で利用でき、自分仕様に改修することももちろん可能なので、好きなようにブログを作っていくことができます。 今はまだこの段階であまりよくわかっていなくても問題ありません。今後このカテゴリで書いていく記事を読んでいってもらえれば少しずつわかっていきますので。 ちなみにこのWebサイトもWordPressを使って作っています。また、みんなが知っているような有名企業の中にもWordPressでサイトを作成している企業はたくさんあります。 今回はWordPressの特徴をいくつか挙げましたので、どんなものかイメージをつけてもらえればと思います。

WordPressの特徴

①無料で使える

WordPressはオープンソースと呼ばれる無料で提供されたプログラムなので、WordPressを利用すること自体は費用はかかりません。ただし、自分専用のドメインを取得して利用するため、また作成したWordPressサイトを公開するためにはサーバーというものを用意してそこにWordPressをインストールする必要があります。 このドメインとサーバーを用意するために少し費用がかかります。ただそんなに大きな金額ではなく、月に数百円〜数千円で最初のうちは十分なものが利用できます。 また、WordPressというのはインストールした後に『テーマ』と呼ばれるテンプレートを適用することで、デザインを決める仕組みになっています。この『テーマ』には色々なものが用意されており、無料でもかなりハイクオリティーなものが提供されていたりします。 なので、制作業者に注文せず自分でWebサイトを作るということも十分可能です。  

②HTMLやCSSなどの専門知識がなくても利用可能

通常、Webサイトを作る場合はHTMLやCSSをはじめとしたプログラミングの知識が必ず必要となります。しかし、WordPressを利用する場合にはそれらの専門知識がなくてもある程度は形にすることが可能です。 基本の部分はWordPressのプログラムとして無料で提供されていますし、デザインの部分も有料・無料で提供されている『テーマ』を利用すれば、プログラミングは不要です。また、問い合わせフォームを付けたり、人気記事の一覧を追加したりといった、追加機能も『プラグイン』というもので提供されています。 もちろん柔軟に自分のやりたいことを表現していくにはプログラミングの知識なども必要となってきますが、最低限の情報発信はノンプログラミングで可能となっています。 なので、もしIT知識に自信が無い方であれば、最初のセッティングまでは業者なり知り合いなりにお願いして準備してもらって、コンテンツ部分については自分で書くというのがオススメです。WordPressを使わずに業者に作ってもらった場合は、ちょっとした文言の修正についてもHTMLというプログラムを修正する必要が出てくるので、それだけで費用がかかることになります。 その点、WordPressを利用していれば、アメブロなどと近い感覚で文章の修正等はできるので、そこまで難しい作業にはなりませんので、ちょっとした修正ぐらいであればお金をかけずとも自分で対応可能です。  

③情報が豊富にある

WordPressは世界中でたくさんの企業や個人が利用しているため、とてもたくさんの情報が存在しています。 書店に行くとWordPressのコーナーが用意されているところもあるぐらい、たくさんの書籍が発売されていますし、また、インターネット上でも大体の情報は見つかるので、何か困ったことがあった場合にも容易に解決策を調査することができます。 Webサイトを運営していると予期していない課題が結構発生するので、情報が豊富にあるというのはかなり大きなメリットの一つです。  

④独自ドメインでの運営

アメブロなどの無料ブログサービスを利用するのとWordPressの大きく異なる部分の一つが、独自ドメインで運営するという点です。また別記事でも書きますが、検索エンジン対策の観点からとても重要なポイントになります。というのも、検索エンジンの代表格であるGoogleは基本的にドメインの単位でサイトの評価をするためです。 これはメリットでもあり、デメリットでもあります。また詳細は別記事で書きます。  

⑤プロのデザイナーの作ったデザインが安価に利用できる

先ほど、『テーマ』というものでサイトのデザインを決めるという話をしました。インターネット検索をしてもらえればわかると思いますが、本当にたくさんのテーマが色々なサイトで提供されています。 無料のものでもかなりクオリティの高いものもありますし、有料のものでも1万円ぐらい出せばかなりデザイン性の高いオシャレなテーマを購入することが可能です。それこそ個別にプロのデザイナーに依頼すると何十万円かかるようなものが、数万円で自分のサイトに適用できるので、かなり費用を抑えることができます。 ファッション関連などセンスが重要なビジネスの場合は、数万円かけて有料テーマを購入すれば十分デザイン性の高いものができますし、そうでない場合はデザインよりも文章でのコンテンツが重要となるので、無料もしくは数千円のテーマで良いでしょう。いずれにしても安価でプロのデザイナーが作ったデザインが利用できるというのがWordPressのメリットです。  

⑥スマホ対応も容易にできる

最近はパソコンよりもスマホでインターネットを閲覧することが多くなったのではないですかね。僕自身も8割ぐらいはスマホからインターネットを利用しています。 となった場合に、自分のサイトもスマホ対応がされていることがとても重要となっています。要するにパソコンからサイトを見るのと、スマホから見るのとでは、まず画面の大きさが違いますよね。昔はパソコンからしか見られることがなかったので、パソコンしか意識していない画面構成になっていましたが、それをそのままスマホで見るのはけっこうしんどかったりします。 画面を大きくしたり、小さくしたり、横にずらしたりしながら見るのは面倒ですよね。そんな状況の中で出てきたのが、スマホ用に最適化された画面です。そのサイトをパソコンで表示した場合にはパソコンに最適化された画面を表示し、スマホで表示した場合はスマホに最適化された画面を表示するという形です。 WordPressではない場合は、その両方に適した画面を作り込む必要があるのですが、WordPressの場合はテーマ自体にスマホ対応が事前に組み込まれた形で提供されているケースも多いですし、そうでない場合でも、スマホ対応を行うためのプラグインという追加機能も提供されているので、それを使えば容易にスマホ対応が可能です。 ちなみに最近ではGoogle検索の検索順位にもスマホ対応の有無が問われていたりしますので、とても重要なポイントでもあります。  

⑦プラグインで容易に機能追加ができる

プラグインの存在もWordPressを利用するメリットの一つです。プラグインというのは、問い合わせフォームの設置や記事のバックアップ、関連記事の一覧を表示するなどの追加機能をプログラミング無しで実装できる仕組みです。 本当にたくさん機能がプラグインとして用意されていて、欲しい機能があればGoogleで検索してみると何かしら情報が出てきます。それをそのまま使うことはもちろんですが、プログラムの修正が出来るのであれば自分仕様にアレンジすることも可能です。 WordPressを使わずに手組みでWebサイトを作ると追加機能が必要になったらゼロからプログラムを書かないといけないケースが多いので、運営開始後の拡張という面においてもコストを抑えられるというメリットもあります。   今回はWordPressの特徴について書きました。引き続きWordPressの記事を書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!