ダイソンのキャッチコピーから学ぶ言葉の力

Pocket

掃除機と聞いたら何を思い出しますか?

掃除機を製造しているメーカーは国内外にたくさんありますが、『ダイソン』を思い浮かべた人は多いのではないでしょうか?

 

 

ダイソンにどのようなイメージを持っていますか?

少し頭の中で挙げてみてください。

 

 

ダイソンはキャッチフレーズを考えるのがとても上手く、それによるイメージ付けがされています。

 

 

今回はダイソンの掃除機のキャッチコピーについて書いてみます。

ぜひご参考にしてみてください。

 

 

ダイソンの掃除機のイメージ

ダイソンの掃除機に対して多くの人が持っているイメージというのは以下のようなものだと思います。

 

  • ゴミをよく吸う
  • 紙パックが要らない
  • 軽い
  • デザインがオシャレ

 

概ねこんな感じじゃないですよね。

 

 

今回、注目して欲しいのは『ゴミをよく吸う』というものです。

使ったことなくてもなんかめっちゃゴミ吸うイメージありますよね。

 

 

テレビCMでも『ダイソン。吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機』とか言っているので、吸引力に自信がある掃除機だと思いますよね。

 

 

実はダイソンの吸引力は強くない

もしお時間あれば家電量販店に行って試用させてもらったり、お知り合いにダイソンの掃除機を使っている人がいれば使わせてもらうと分かるのですが『他の掃除機と比べて飛び抜けて吸引力が強い』という感じは一切しないと思います。

 

 

私自身も家電量販店で試しに使ったことがありますが、確かに軽くて扱いやすいというのはありましたが、吸引力に関しては別に他の掃除機と変わらない印象でした。

 

 

でも実はこの印象は正しいんです。

 

 

勝手に吸引力が強いと思い込んでいる

もう一度ダイソンのキャッチコピーを思い出してみましょう。

 

 

『ダイソン。吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機』

気付きました?

 

 

そうなんです。

ダイソン自身は一言も吸引力が強いなんて言ってないんです。

 

 

吸引力が変わらないと言っているだけです。

それにもかかわらず、聞いた人が勝手に吸引力が強いと思い込んでいるということです。

 

 

言葉の力が人の心を動かす

吸引力がずっと一定だと言っているだけですが、それをそのまま言ってしまっては、あまり欲しいと思いませんよね。

 

 

ダイソンの掃除機にみんなが魅力を感じるのは、あのキャッチコピーが結構大きな影響を与えています。

つまり、どんな言葉で商品を紹介するのかによって魅力って全然変わってしまうということです。

 

 

『言葉の力』によって人の心が動くということ。

 

 

 

これからの時代、物は溢れていて、便利さは天井に近づいてきています。

そのため、重要なのはいかに色んな角度からお客さんに満足してもらうのかが重要です。

その1つの要素は言葉での表現です。

 

 

ぜひ、言葉の力を身に付けていきましょう。

 

 

と言ってもテクニックを覚えて人を小手先で動かそうとするという意味ではなく、言葉も含めて商品・サービスに満足をしてもらえる事を目指すということです。

満足感が得られるかどうかは『感情』で決まります。

 

 

感情が動くきっかけは『言葉』です。

言葉の力、身につけていきましょう。

 

ちなみにダイソンのキャッチコピーですが、商標登録されているらしいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!