WordPressを使えばノンプログラミングでお問い合わせフォームが作れる

Pocket

こんばんは。 個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 『WordPressを使えばノンプログラミングでお問い合わせフォームが作れる』というテーマです。 ご参考になれば幸いです。  

プラグインで簡単に機能追加

僕がWordPressをオススメする理由の1つとして、プラグインというものの存在があります。普通に自力でイチからプログラムも書いて作ったWebサイトの場合、その中に何か機能を追加したいとなったら、その機能も当然プログラムを書いて実装することになります。 サクサク自分でプログラム作れる人なら別にそれでもいいんですけど、たぶんそうじゃない人の方が圧倒的に多いですよね。そうなると、どっかのWeb制作会社とかフリーの制作者とかにお金払って作ってもらわないといけません。それか、その機能諦めるかですね。 でも、Webサイト自体をWordPressで作っていれば、プラグインというものを使って簡単に機能追加が出来るかもしれません。もちろんモノにもよりますが、普通に作ると何日もかかってしまうような機能が、小一時間ほどで出来てしまうこともあります。  

Contact Form7でお問い合わせフォーム作成

使い勝手の良い定番のプラグインというのがいくつかあるのですが、今日は『Contact Form7』というのをご紹介します。Webサイト上で資料請求したり、何かを問い合わせたりする時に、名前とかメールアドレスとかを入力する画面ありますよね? あれをノンプログラミングで簡単に作ることが出来るというものです。実は僕もこのプラグインを最近使いました。このページをずーっと下がっていってもらったら、3月5日に開催するセミナーの紹介文があります。(もし、時間あったら参加してね☆) その1番下にあるボタンを押してみて下さい。大丈夫です、このボタン押すだけでは申し込みになりませんから(笑)その画面の下に申し込みフォームがあるのですが、これを『Contact Form7』で作りました。 ちなみにこのフォームで必要事項を書いてもらって、送信ボタンを押すと僕のところに自動でメールが飛んできて、申し込んでくれたというのが分かるようになっている、という仕組みです。もちろん用途によって、入力項目は変えれます。 今回、これを作るのにかかった時間は1時間ぐらいです。その1時間には使い方調べる時間も含んでいるので、慣れたら30分程度で作れるようになります。中身のプログラムは無料で提供されているので、特に費用もかからず、また、難しい知識も必要ありません。 でも、これを知らずにイチから業者さんに作ってくれと注文すると、少なくとも数万円は取られます。(全然ぼったくっている金額ではなく、普通にこれぐらいはかかります) Webサイトに限らず、ITシステムって初期の制作費だけではなく、後からのメンテナンスとか機能追加などランニングコストが結構かかります。それを考えるとWordPressのようなツールを使う方が長く使えるWebサイトになるのかなと思います。 以上です。それではまた明日!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!