WordPressのパーマリンクの設定は記事を書く前にやっておく

Pocket

WordPressを用意したサーバーにインストールした後にやっておいたほうが良いことがいくつかあります。

そのうちの一つにパーマリンクの設定というのがあります。

 

WordPressをインストールした後の初期設定については後から出来ることも多いのですが、このパーマリンクだけは後から変更すると面倒だったりするので、これに関してはぜひ最初にやっておいてください。

では早速内容に入っていきたいと思います。

 

 

パーマリンクとは何か?

いきなり『パーマリンク』と言われても、おそらくあまり馴染みの無い言葉でピンとこないですよね。

でもWordPressでブログやホームページを運営するに当たってとても重要なことなので簡単にで良いので知っておいてください。

 

パーマリンクというのはブログの1つ1つの記事毎に割り当てられたURLのことで、「Permanent:不変」、「Link:リンク」が組み合わされた言葉です。

 

ブログを更新するとまず最新の記事としてブログのトップページに表示されます。

その後、記事を書き溜めていくとその記事はトップページから過去記事がまとめられているアーカイブという所に移されていきます。

 

ブログ記事のURLが、内容の加筆修正を行うたびに変わっていては、読者からするとどこに目的の記事があるのかが分からなくなってしまいます。

それを避けるために各記事ごとにURLを割り当てて、それを指定することで目的の記事に直接遷移することができるようにしたものがパーマリンクです。

 

また、最近では、TwitterやFacebookなどでブログの更新情報をURLでお知らせするケースもありますが、その際にも記事のURLが変わっていたら、せっかく過去にお知らせしていたとしても見てもらえないということも出てきてしまいますよね。

 

 

まぁ色々言いましたけど、ブログ記事のURLをパーマリンクとも呼ぶと思ってもらったらオッケーです。

 

Googleが推奨しているパーマリンク(URL)の構成

まずは簡単にで良いので下記のGoogleのページを読んでみてください。

https://support.google.com/webmasters/answer/76329?hl=ja

 

ここにはGoogleが推奨しているURLの構成について記載されています。

簡単に言うと次のような内容です。

  • URLはシンプルにする
  • 人間が理解できる構成にする
  • 長くなるときはハイフン(-)で区切る(アンダースコア(_)ではない)

 

Googleが推奨している以上、出来る限りこれに則ってWordPressを運営することが望ましいです。

なぜなら、WordPressブログへのアクセスというのは検索結果からの流入とソーシャルメディアからの流入になります。

 

ブログの運営を長く続ければ続けるほど、検索結果からのアクセスの比重が大きくなっていきます。

 

そして現状、検索というとほとんどの人がGoogleかYahoo!を利用して検索していますが、Yahoo!はGoogleの検索システムを利用しているので、実質的にインターネットでの検索というとGoogleになります。

つまり、上記のGoogleの推奨している内容を踏まえてURLを付けておいたほうが、検索からのアクセスを増やせる可能性が高まるということです。

 

WordPressの初期設定としてパーマリンクを設定する

ここまでで簡単にパーマリンクというものについて説明しましたが、ついてこれましたかね?

WordPressではこのパーマリンク(URL)をどのような形で初期提案するかという設定をすることができます。

 

つまり、あらかじめ設定しておいたルールに則って、記事を書くごとにURLを自動で提案してくれる機能があります。

この自動提案されるURLを使っても良いし、記事ごとに毎回自分で直接指定しても良いです。

 

パーマリンクの初期提案をWordPressをインストールしてから何も変更をしていない場合は、「?p=123」というのが設定されています。

“123″というの部分は投稿IDといって、投稿するごとに割り当てられる数字で、1記事目を投稿すると「p=1」、2記事目は「p=2」のような感じです。

 

この「p=1」はパラメータといって、パラメータの値によって画面に返してくる記事を決める方法です。

つまり、固定のURLではなく、動的なURLになっているということです。

 

動的なサイトはSEO対策上でデメリットがある可能性が高いと言われています。

つまり、Googleの検索結果に自分のページが上位に表示しにくくなるということです。

そのため、この初期設定で指定されているパーマリンクは採用しないことをおすすめします。

 

ベストなパーマリンクは?

「初期設定のパーマリンクはやめたほうが良いというのはわかったけど、実際にどんなパーマリンクにしたら良いの?」という疑問が生まれると思います。

 

これについては、正直なところ「正解はない」と答えるしかありません。

なんせGoogleの検索アルゴリズムは公開されていないため、実際のところはGoogle内のさらに検索エンジンに関わっている一部の人にしか分からないからです。

なので、ここからは私の考えを書きます。

 

カテゴリや記事などの構成が完全に決まっているのであれば、「カテゴリー + 記事タイトル」を英語にしたものが一番その記事を分かりやすく表現したものになるので、SEO的にはベストだと思います。

 

ただ、ブログというのは日々記事を書き続けていくことに価値があるため、全体感をみてカテゴリを変更したいということも多々あります。

その時にURLを変えるのは避けたほうが良いため、URLで表現されているカテゴリと実際のカテゴリが異なるケースが生まれてしまいます。

URLを変えてしまうと・・・

  • 被リンクがゼロにクリアされる
  • 内部リンクも含め被リンクが全て無効になる(リンク切れになる)
  • SNSのシェア数もクリアされる

 

ですので、私の場合は記事ごとにその記事の内容に合った単語を記事を書く都度手書きで指定しています。

単語1語で表現するのが難しい場合は複数単語を”-“(ハイフン)でつないで指定しています。

SEO対策と運用の両方を考えた時には今のところこれがベストかなと考えています。

 

ちなみに、Googleの全体的な方針としては『検索ユーザーにとって価値あるサイトを上位表示させる』ということなので、シンプルで、記事のURLを人に伝えやすいような形になっていれば問題はないと思います。

 

最後に

パーマリンク(URL)を変えると色々なところで紹介したURLが使えなくなったり、せっかくもらった被リンクも全部無くなってしまうため、最初の段階でしっかりと方針を固めておいたほうが良いです。

 

長い期間ブログを運営していると記事の中身やタイトルなど色々と修正したい点は必ず出てきます。それらは修正してもあまり問題ではありませんが、URLだけは基本的には変えることができません。

ですので、最初の記事を書く前に少しで良いので時間をとってどのようなパーマリンクで運営していくのかを考えることをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!