記事の目次を生成するWordPressプラグイン:Table of Contents Plus

Pocket

WordPressでブログを書いていて、もっと読みやすいブログに出来ないかなと思ったことはないですか?

 

最近はコンンテンツ(記事)の質の向上が重要視されているため、1記事で満足してもらえる記事を書こうと思うとある程度の長文になってしまうケースも多くなります。

 

ただ単に記事が長くなってしまうと、それはそれで読み手にとっては読むのがしんどくなってその記事の意図をつかむのが難しくなってしまいます。

それを解消するための方法はいくつかありますが、その1つとして記事の冒頭に目次を付けるという方法があります。

 

このブログにも目次を付けていますが、実はWordPressを使っている場合は、プラグインをインストールして簡単な設定をするだけで、小見出しの情報から自動で目次を付けることが可能です。

 

色々なブログサイトを見ていると記事の冒頭に目次が付いているページを見かけることはけっこうあるんじゃないかと思います。

おそらくそれらはWordPressを活用しているブログでしょうね。

 

今回はWordPressユーザーに特化してしまいますが、『Table of Contents Plus』というプラグインを利用して記事に目次を付ける方法をお伝えします。

 

WordPressを利用されている方はぜひ参考にして目次を付けてみてください。

 

ユーザビリティーが向上する

具体的な目次のつけ方についてお話しする前に、簡単に目次を付ける意味をお話ししたいと思います。

 

まぁ一言で言うと、目次を付けることによってユーザービリティーが向上するためオススメしています。

ユーザービリティーというのはこれからのブログにはけっこう重要なキーワードになりますが、要するに読みに来てくれた読者さんにとって使いやすいブログになっているかどうかということです。

 

めちゃくちゃ良い内容を書いていたとしても、その記事にたどり着けないぐらい分かりづらい構成になっていたり、たどり着くための経路がなかったりすると、それはユーザーにとって不便ですよね。

1つ1つは細かい施策になるんですが、色んな点に気を遣って読者さんにとってより良いブログにしていくことが、SEO対策の観点からも重要になっています。

 

というのも、Googleの検索エンジンはここ数年の間に何度も何度も改修されてきており、かなり各Webページを評価する精度が高くなってきています。

その流れで『コンテンツ』の質が重要視されることはもちろん、ユーザーの使い勝手の面も考慮するようになっています。

 

また、そもそも質の高いコンテンツを作ろうと思うと言うべきことを漏れなく言わないといけないため、適当に書いた文章よりもどうしても長くなってしまうことが多いです。

 

そうなった時にずらずら〜っと文章を書いてしまっては読んでる側としてはポイントが掴みづらくなってしまいます。

 

そうならないために書き手としてできることの1つが小見出しをつけることです。

小見出しをつけてあげることで、読者さんは小見出しを中間ポイントとして区切りをつけながら読むことができるため、とても読みやすく、そしてポイントを押さえて理解もしやすくなります。

 

まずはこれが第一段階で、今回の記事に目次を付けるための前提事項になります。

 

次にすることが『目次』をつけることです。

書籍を読む時も最初に目次を見て大体どんなことが書いているのかを把握した上で読みますよね?

 

そうしないと目的なく読んでしまうことになるので、せっかく読んでも得られるものもなく終わってしまう可能性が大です。

なので、最初に目次を読んで全体像を把握することはとてもオススメなので、読み手の立場の場合はぜひ目次から目を通してくださいね。

 

 

で、話を戻すと、そういうことなので、ブログにも目次をつけるというのはとても良いことだと思っています。

そして、WordPressを使っていればそれがとても簡単にできます。

 

 

WordPressで記事の目次を出すならTable of Contens Plus

このブログでも何度も同じことを言っていますが、WordPressを使う最大のメリットはプラグインの存在です。

 

通常は費用をかけてプログラマーに外注して作ってもらうような追加機能をインストールするだけで簡単に自分のサイトに導入することができます。

 

今回の目次を付ける機能も『Table of Contents Plus』という無料で提供されているプラグインをインストールして多少の設定をするだけで行えるようになっています。

 

見出しタグを拾って目次を生成

このプラグインを使えば、記事の中にある「h1」〜「h6」までの見出しを拾ってきて、それを元に自動で目次を生成してくれます。

対象は通常のブログ記事の投稿ページでも使えますし、固定ページでも使うことができます。

 

ですので、先ほどもお話ししたように、記事を書くときも文章の構造を意識して小見出しを付けるようにしてください。

 

日本語対応されている

また、WordPressというのは世界中で利用されていることもあり、プラグインも世界中で使われることになります。

そのため、そのプラグインの設定等を行う管理画面が日本語に対応していないケースもけっこうあります。

 

定番のプラグインでも英語のみだったりするので、英語が苦手な人は大変なこともあるんですが、幸いTable or Contents Plusに関しては日本語対応されているので安心して利用してください。

 

目次の更新忘れを防げる

目次を作るとなった時に、プラグインを使わずに見出しを書き出して、ページ内リンクを貼れば同様のことも簡単に行えます。

 

ですが、見出しを修正した時に合わせて更新することを忘れたり、覚えていてもめんどくさくなって放置してしまったりします。

そうなると、もはや目次を設置している意味がなくなるわけで、その負荷を軽減することと、更新忘れを防ぐという意味でも、プラグインを入れておくことには価値があります。

 

インストール手順

それでは具体的にTable or Contents Plusをインストールするところから目次を表示するために必要な設定までをご説明します。

この通りにやっていけば目次を表示させることが可能なので、読みながら設定していってください。

 

この記事を更新した時期は・・・
2016年10月時点です。
おそらくそれほど大きくは変更しないと思いますが、多少異なる部分があるかもしれないのでご了承ください。

 

①プラグインの追加

WordPressメニューから『プラグイン』>『新規追加』をクリックします。

table-of-contents-plus%e2%91%a0

 

検索窓から『Table of Contents Plus』を検索します。

table-of-contents-plus%e2%91%a1

 

『今すぐインストール』ボタンをクリックします。

table-of-contents-plus%e2%91%a2

 

『プラグインを有効化』をクリックします。

table-of-contents-plus%e2%91%a3

 

プラグインのインストール&有効化が完了しました。

table-of-contents-plus%e2%91%a4

一応ここまでで、Table of Contents Plusのプラグインが有効化された状態になりました。

 

②各種項目の設定

プラグインのインストールと有効化ができたら、次に設定をしていきます。

プラグインのメニューから『Table of Contents Plus』を探して、『設定』をクリックします。

table-of-contents-plus%e2%91%a5

 

そうするとTable of Contents Plusを利用するのに必要な各種の項目が表示されるので、それを設定していきます。

table-of-contents-plus%e2%91%a6

各項目に何を設定すれば良いのかを説明していきますね。

 

各項目の設定内容

・表示する場所

→目次を記事のどこに挿入するのか

・表示条件

→記事の中にいくつ見出しタグ(h1〜h6)があれば目次を表示するか

・次の投稿タイプのときに表示

→どの種類の投稿の時に目次を表示するか
post(通常投稿)、page(固定ページ)、wpcf7_contact_form(コンタクトフォーム)、post_lp(ランディングページ)

・見出しテキスト(目次の上に見出しを表示)

→目次の上にタイトルを表示するかどうかと、表示する場合の文言

・表示非表示切り替えボタンのテキスト

→目次の表示・非表示を切り替えるボタンを表示するかどうかと、表示する場合の文言

・初期状態非表示

→表示・非表示の切り替えの初期状態を非表示にする

table-of-contents-plus%e2%91%a7

・階層表示

→目次を階層表示するかどうかを指定する

・番号振り

→目次に番号を付けるかどうかを指定する

・スムーススクロール

→目次をクリックした時にスムーズにスクロールしていくか、
一気に該当箇所に飛んでいくかを指定する

・横幅

→目次の横幅を指定する

・回り込み

→目次の左右に回り込みを付けるかどうかを指定する

・文字サイズ

→目次の文字サイズを指定する

・デザイン

→表示のデザインを指定する

 

まとめ

目次の設定は上手くできましたでしょうか?

このブログを読んでもらっても分かると思いますが、ブログの記事も書籍と同様に目次をつけた方が格段に読者の方が読みやすくなります。

 

WordPressを使用している場合はとても簡単に目次を設置することができるので、ぜひ設置することを検討してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!