WordPressの記事一覧をファイルにダウンロードするプラグイン:WP CSV Exporter
Pocket

 

ブログを使って集客する場合、大切なのが過去に書いた記事をリライトすることです。情報が変わったところや、追加情報を追記したり、より分かりやすくしたりメンテナンスをすることが必要になります。

SEOの観点からも過去記事に関連する内容の記事を書いたときには、相互にリンクしてあげることで、それらの記事の使い勝手が高まるため、Googleの検索エンジンの評価も高まります。

 

 

そのため、過去にどんな記事を書いたのかを確認出来るようにしておきたいのですが、WordPressの管理画面の投稿一覧では表示件数も限られていますし、全体を把握することが難しいですし、サイトマップを見るというのもアリではありますが、メモ書きもしておきたいのでExcel等で一覧管理したいところです。

 

 

WordPressにもサイト移管用にXML形式でファイルをダウンロードする機能があるのですが、少し扱いづらいです。そこで活用したいのが『WP CSV Exporter』というプラグインです。これを使うと投稿の一覧をCSV形式でファイルダウンロードできます。

CSVの場合は、ExcelやMacのNumbersに取り込めば以降は一覧管理が出来るのでとても便利です。

今回はこのプラグインをご紹介いたします。

 

プラグイン:WP CSV Exporterをインストール&有効化

まずは、プラグインのインストールと有効化をしましょう。

プラグインのインストールと有効化はWordPressの管理画面から行えます。手順は以下の記事に書いていますので、そちらを参考にしながら作業してみてください。

 ▶︎WordPressのプラグインのインストール手順

 

特に難しい作業は無いので、すんなり有効化まで出来ると思います。

 

 

WP CSV Exporterを使って記事の一覧をダウンロード

さっそくWP CSV Exporterを使ってWordPressで書いた記事の一覧をダウンロードしてみましょう。

まずは、WordPressの管理画面の左側にあるメニューから『ツール → CSV Export』をクリックします。

 

WP CSV Exporter

 

そうすると、以下のようなダウンロード対象を選ぶ画面が出てくるので、欲しいデータ項目にチェックを入れて、最後に画面の一番下にあるExportボタンをクリックすると、CSV形式でブログ記事の情報がダウンロードできます。

 

 

ExcelやNumbersなどに取り込んで一覧化して管理する

記事の一覧をダウンロードした後は各自それぞれ好きに管理すれば良いのですが、ExcelやNumbersなどのスプレッドシートに取り込むとデータとして扱いやすいですし、情報も精査しやすいのでオススメです。

ブログ記事のリライトや関連記事の整理などに上手く活用してみてください。

 

●オンラインサロンをやってるのでご興味がある方はぜひご参加お待ちしています!
 ▶︎詳細はこちらからです!

●メールマガジンやLINEでもビジネスに関する情報を配信しています。
 ▶︎メールマガジンのご登録はこちらです!

 ▶︎LINEのご登録はこちらです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事