Pocket

 

中小企業診断士試験の中で重要性の高い科目の1つとして『財務・会計』があります。

1次試験7科目のうちの1つであり、2次試験の事例Ⅳにも大きく影響してくるので、しっかりと勉強する必要があります。

実際にビジネスをしていると、会計の知識が無いと意思決定を勘に頼らないといけなくなるので、自分で事業をする時にも、コンサルタントとしてアドバイスをする場合にも、役立つ科目です。

※とはいっても勘に頼らざるを得ない場面はビジネスをしていると多々あるので、理論だけではビジネスは出来ないのですが・・・

 

 

中小企業診断士の1次試験科目の中でも経済学・経済政策と並んで苦手意識が高い人の多い科目として挙げられるのが財務・会計で、今回はその勉強方法についてお伝えしたいなと思います。

財務・会計はしっかり勉強すれば比較的安定的に得点が出来る科目でもあるので、しっかりと勉強していきましょう。

 

まずは財務・会計で何を学ぶのかを知る

全ての科目に共通するのですが、試験をクリアするために必要な事は、その試験で何を問われるのか、それに答えるためにはどんな知識を求められているのかを知ることです。

中小企業診断士の試験科目として設定されているからには、ビジネスシーンにおいて必要な知識であり、コンサルタントとして最低限知っておくべき素養だという事。

なので、まずは財務・会計の科目では何を学ぶのかを知りましょう。

 

 

『財務・会計』という科目の名称からも分かるかもしれませんが、企業や個人事業者のビジネスに関するお金まわりの事をこの科目では学びます。

資本主義社会においては、何をするにも『お金』という存在がついてまわります。

最近は、『お金なんかより、好きな事をして生きよう』『自由に生きよう』という風潮もありますが、好きな事をするにも自由に生きるためにもお金がなくては成り立ちません。

活動資金を稼がなくては活動自体が成り立たなくなるのが現実で、活動を続けるためにも、そこから目を逸らしてはいけないと考えています。

 

 

それは企業の活動でも全く同じで、どれだけ世の中の役に立つ事をしていたとしても、利益が出ず赤字続きでは遅かれ早かれどこかのタイミングで破綻してしまいます。

そうならないように、しっかりとお金の面にも向き合う必要があり、どうやって向き合えば良いのかのベースの知識を得るための科目が『財務・会計』という科目です。

 

 

財務・会計の勉強には時間がかかる?

財務・会計の場合、初学者だと試験の問題を解けるようになるまでには、少し時間が掛かります。

ベースとなる知識を頭に入れて、それを使って計算する問題が多いので、理解が必要になるからです。

もちろん、知っていたら回答できる問題もいくつかは出題されるのですが、そういう問題だけで合格レベルに持って行くのは難しく、かつ2次試験にも大きく影響してくる科目なので、しっかり理解して問題を解けるようになる事から逃れられない科目です。

 

 

理解してから定着するまでにはある程度の時間が必要で、そのためには早めに勉強をスタートさせる事がポイントになります。

問題が解ける程度に全体を理解できるようになるのには時間が掛かるのですが、一度そのレベルまで理解度を高める事が出来れば、比較的安定的に得点出来るので、早くそこまで持っていく事がコツです。

 

 

財務・会計の勉強は会計の流れの理解から行う

勉強方法として、1つひとつの単元を覚えていくというやり方と、全体をざっくり理解してから深掘りしていくやり方があります。

財務・会計の勉強に関しては、後者のやり方をすべきです。

日々の業務的な取引の記録から、その結果を使って経営的な意思決定をするところまで一連の流れとなっていて、この流れをなんとなくでも理解していないと、今勉強している事が何のために必要なのかが理解出来ないからです。

そのため、新しい事を勉強する時には常に全体の中のどの部分なのかを意識しながら勉強するようにしましょう。

 

 

簿記3級程度の知識がベースとして必要

具体的には、まず最初に日商簿記検定の3級のテキストを読んでみるのがオススメです。

財務・会計の基礎の部分は簿記の知識です。

財務諸表というのが何なのかや、基本的な仕訳のやり方などが分かっていないと、メインの経営分析などの理解が出来ないので、まずはベースとなる簿記の勉強をさらっとで良いのでやりましょう。

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事