Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

もし、いま全くWebでの情報発信をしていないとしたら、何をどんな順序で使って情報発信するかを考えてみました。

唯一の正解というのは無いのですが、かなり幅広いケースでオススメ出来るものがいくつかあります。

今回はそれをご紹介したいと思いますので、ご参考にしてみてください。

 

 

まずは集客のフローを設計する

趣味で書いている人もいるとは思いますが、ブログやSNSで情報発信している人の大半はビジネス目的ですよね。

ビジネス目的と言っても、集客のためなのか、顧客サポートのためなのか、その他の目的なのか色んな目的で活用している人がいると思います。

 

 

どんな目的であったとしても、共通して言えるのが、その目的のための文章を書いているという事がとても大切です。

『ブログを1,000記事書いたら人生が変わる』と言っている人がけっこういます。

実際、それだけ書き続けたら多少なりとも人生変わるとは思います。

 

 

ですが、反応が無い・結果が見えない中で続けられる人は少数派ではないかなと思っていて、僕自身も書いてるブログから全く集客出来てないとしたら、こんなに書き続けられてなかったはずです。

今回は集客というテーマに絞って書いているので、集客を結果として書くのですが、当然なんとなく書き続けていてもなかなか集客出来ません。

 

 

集客するためには、集客するために最適化して情報発信する必要があります。

細かいテクニックもありますが、それよりもまずやって欲しいのは、集客フローの設計をする事です。

自分の発信した情報を、誰に、どこで見つけてもらって、どんな行動をしてもらいたいのかを決めるわけです。

これが決まっていない状態で記事を書いている人がほとんどで、だから結果に繋がっていないんです。

 

 

ブログは何のために書く、Facebookの投稿を読んでもらった後にどんな行動を取ってもらう、商品・サービスはどのタイミングで提案する、というのを明確にしておく事が大切です。

まずは少し時間を割いて白紙の紙にフリーハンドで良いので、どんな流れで集客するのかを描いてみてください。

 

 

集客フローの後ろから順に作っていく

集客フローが描けたら、実際にそれを作っていきます。

その時に、どこから作って行くのかが問題になりますが、ほとんどの人が前から順番に作ってしまいます。

 

 

ですが、僕は後ろから作るのが正解だと考えていて、商品・サービスの販売するところから逆算でフローを作っていくべきです。

そうしないと、フローの全てが完成しないと集客が出来なくなってしまい、完成するまでの期間に集客出来る可能性を潰す事になります。

 

 

逆に、後ろから作っていれば、そこに人を集める仕組みは出来ていませんが、すぐにでも申し込んでもらえるようにはなっているわけです。

であれば、リアルな関係性の中で売れる可能性も全然ありますよね。

なので、販売出来る商品・サービスがすでにある人は、集客フローの後ろから順に作っていくようにしましょう。

 

 

まずは商品・サービスを申し込むLP

では、具体的に何から始めたら良いのかというと、さっきも少し書いたように商品・サービスに近いところからです。

つまり、申し込みページを作るというのをまずは最初にやるべきです。

そのために活用するページの代表がランディングページ(LP)と呼ばれるものです。

 

 

1ページのみの縦長のホームページで、そこに商品・サービスを購入してもらうために必要な情報を詰め込んだものです。

このランディングページですが、昔は制作業者に依頼して作成するしかなく、数十万円掛かるのが一般的だったため、気軽に作成する事が出来なかったのですが、今はペライチをはじめとした、作成ツールが無料もしくは安価で提供されているため、誰でも作れるようになりました。

なので、販売できる商品・サービスが既にある人に関しては、まず最初にランディングページを作成する事がオススメです。

 

 

次にLPにアクセスを送るメディア

申し込みするページというのは、オンライン上に構えたお店のようなイメージです。

リアルな店舗を考えたら分かる通り、お店があるだけでは売上はあがらず、そこにお客さんを呼んでこないといけません。

インターネット上に構えたランディングページというお店も同じで、そこに商品・サービスを購入してくれる可能性のある人を連れてこないといけません。

 

 

通常、ランディングページというのは、来てくれた人に対して、商品・サービスの魅力をしっかり伝えて購入の後押しをする事は得意ですが、そこに人を呼んでくるのは苦手です。

そのため、他の手段で人を呼んでくる必要があります。

つまり、アクセスを集めるためのメディアを合わせて活用する事が必要です。

 

 

全くゼロからならnoteとTwitter

では、具体的に何を使ってアクセスを集めるのかというと、ブログとSNSです。

間にメルマガやLINEを使うケースもありますが、アクセスを集めるという観点では活用出来ないので、オープンである程度多くの人にリーチできるものを使って、人との接点を作っていきます。

 

 

ブログもSNSも今では選択肢がたくさんあって、何を使えば良いのか分からないという方も多いでしょう。

この記事を書いている時点で、ITがそれほど得意ではないという方にオススメしたいのは、noteとTwitterです。

 

 

これらに関しては、使い方もとてもシンプルで分かりやすいですし、利用ユーザーもそれなりに多いので、使いやすいと思います。

noteとTwitterで日々情報発信をしながら、タイミングをみて、商品・サービスのランディングページを案内していくというのが最小限の構成での活用方法です。

しっかりと発信していれば、集客も見込めるので、ぜひ活用してみてください。

 

 

まとめ

今回は全くWebでの情報発信をしていない状態で、これからスタートすると仮定した場合に、何から行うのかというのを考えてみました。

 

 

WordPressはとても有効でオススメではあるのですが、まず最初にするならペライチとnoteとTwitterの3つかなと思いました。

それらがしっかりと活用できるようになったらWordPressにしっかりと作り込んだコンテンツを積み重ねていくという順序ですかね。

まぁ正解は人によって違いますが、上記3つは間違いなく今オススメできるツールなので、ご参考にしてみてください。

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事